9歳まで身につけるべき
「学力の土台」と「考える力」とは?
なぜ小学1年生~3年生の学習が大切なのか?

自分の頭で考え抜くという学習習慣をつけないと小学校4年生以降で問題がとけなくなってしまいます。小学校低学年では満点ばかりを取っていた子が高学年や中学生になると、「わからない」といってすぐに投げ出すことがあります。


なぜでしょうか。

それは低学年の時期に深く学習することを怠った結果、表面的な理解に止まってしまうことが原因だと考えられます。

低学年にすべきこと、つまり考える力の養成をしないで暗記力と計算力で点数をとっていた未発達な子供たちが高学年で学業不審に陥っているのです。

人は通常、9歳前後を境に思考形態が変わるようになっています。

この境を乗り越えることで成熟した考え方ができるようになるのです。

ところが頭の中での言葉の操作(思考)が十分にできないと、

この境を乗り越えられなくなってしまうのです。

「9歳の壁」という言葉をご存知でしょうか?

お子様の「学力の土台」や「思考力」をつかさどる思考回路の構築は

9歳までが非常に重要なのです。

その重要な時期に、大量・高速・徹底反復・パターン学習に代表される

詰め込み式学習は、9歳の壁を乗り越える「思考力」の養成にマイナスに働きます。

低学年の時期には「やってはいけない勉強」があるのです。

そのことをしっかりと周りの大人が把握をして、

小学1年生〜3年生の勉強は「こだわって行う」ことが重要です。

「教えすぎる環境」から「教えない環境」へ

低学年の時期に大人が全てを教え、学びをパターン学習化させるだけでは、

子供の思考力は育ちません。学習に対する自主性も育ちません。

その子に最適な問題を与え、教えず、ヒントも与えずじっと待つ。

子供はすぐに答えが出ない問題を考えながら、自分の頭で問題を解くこと自体を楽しむ。

本来子供は考えることが得意なのです。

ただ、その狭く深く考えるという環境が今の子供たちには全くない。

りんご塾では考えるとは具体的にどうすることかを、最初からきちんと体験を通して育むことが

小学校低学年の教育の第一歩だと考えています。

そしてこの万能な「学力の土台」と「思考力」を身につけることにより

その後の学習が”楽=楽しく”なるような力をつけていきます。

学力の土台と考える力が身につくりんご塾メソッドとは

考える力・あきらめない力を育みます

りんご塾では、「5つの算数」で日本一の高みを目指します。
そのうちの一つは「りんご塾 オリジナル教材」です。
算数オリンピックや中学受験の算数の出題傾向や問題形式に楽しみながら慣れ、考える力を高めていきます。
さらに、各種検定や模試に挑む事で100点を取る練習・ミスをしない練習もしていきます。
小さな成功体験は、大きな自己肯定感へとつながり、将来問題にぶつかっても「あきらめない力」となります。

りんご塾について詳しくみる
りんご塾代表プロフィール
りんご塾代表
田邊 亨
TANABE TORU

滋賀県出身、ニューヨーク市立大学及びぺンシルバニア州立大学で学び、その後大手国際特許事務所、学習塾を経て、現在は彦根市でりんご塾を5教場運営している。2010年より、りんご塾として算数オリンピックに参戦、2014年に小3部門で金メダルと長尾賞を受賞。
2017年は小6部門と小3部門の2冠を達成し、現在は彦根市を中心に幼児から小学6年生までを集め算数とそろばんに特化した塾を展開中。長年、沢山の児童を指導してきた経験から、早い段階での算数の教育の重要性や、算数好きなお子様を育てる家庭のあり方・関わり方等についても全国で講演会を行っている。著書多数。

りんご塾 開校によせて

算数の得意な子供たちが実力を発揮できる場所を作り、活躍する姿を応援する
これが、私たちりんご塾の役割だと考えています。スポーツ分野が得意なお子様には、いろいろな大会があり、全国まで勝ち上がることが出来ます。
芸術分野が得意なお子様には、さまざまなコンクールがありその才能を示すことができるでしょう。しかし、残念ながら日本には、勉強のコンクールがほとんどありません。
そういった状況の中、幸いにも25年程前から「算数オリンピック」が誕生しました。「算数・数学を学ぶこと」に才能のあるお子様は、「算数オリンピック」を目指せばよいのではないか?
しかしながら、「算数オリンピック」を純粋に目指す塾はありませんでした。
多くの場合は、大手進学塾の1コースの中の短期講座程度と聞いています。「子どもが算数が好きすぎて困っています」
「算数が出来る生徒を受け入れてくれると聞いたけど、本当ですか?」
私が、度々ご相談を受ける、お子様が算数が出来すぎてお困りのお母様の質問です。
どういう事か?恐らくですが、学校や塾の算数の授業では、生徒様の知的好奇心を満たすことが出来なかったのでしょう。
そのため、子供としてはそういった状況に耐え切れず、周囲とのバランスがなかなか取れず、お母様からのご相談になったのではないでしょうか。ですから私は、「りんご塾を算数オリンピック専門塾にしよう」と思い立ち、現在に至ります。目標は、日本で最高難度の大会入賞者を全員りんご塾生にすることです。私は、2014年に日本一を育て、初めて「日本一の高み」を知りました。その困難さ、そして崇高さ。
再現性の無い指導に「驚き」と「羨望」はありません。日本一を複数回出すことが、指導の正しさを証明すると考えています。算数の才能がある生徒が最も興奮する場所、最も楽しめる場所、最も輝ける場所を提供します。

りんご塾代表 田邉 亨

入塾・無料体験・資料請求は
下記からお申込み下さい。
ご質問も受け付けております。
Movie
田邊を動画で見る
開校教室一覧
都島教室
大阪市都島区御幸町2-3-26

TEL 06-6925-6470
堀江教室
大阪市西区南堀江4-10-9

TEL 080-9169-3334
千里山教室
吹田市千里山東2-16-12

TEL 070-1730-1971
入塾・無料体験・資料請求は
下記からお申込み下さい。
ご質問も受け付けております。