天王寺区・東住吉区・都島区の
中学生のお子さまをお持ちの保護者様へ
お問い合わせはこちら
短い夏休みの間で50点UPのコツを教えます!!
「家ではなかなか勉強が進まない…」
「勉強へのやる気が起こらない…」
「テスト勉強の方法がわからない…」
「中学の勉強が難しくて不安…」

こんな、悩みや不安はありませんか?実は、1・2年生のうちに勉強に対して苦手意識を持ってしまった生徒のほとんどが、中学3年生で経験する、高校受験で苦労しています。その一方でちゅがく1・2年の試験で点数を取った生徒は勉強のコツをつかみ、ぐんぐんと成績を伸ばし、入りたい高校へ入っていきます。この違いは、生徒の能力の差ではありません。“1・2年のころに勉強のやり方を学んだのか、学んでいないか”の違いだけです。そこで、円現塾では、「1・2年のうちに勉強のコツをつかんで欲しい」という思いから、”夏のプログラム”を行っております。是非ともご参加下さい。

☑勉強のコツを教えてもらって、勉強が楽しくなった!
☑自分から勉強を、やる気になった!
 ☑テスト前の勉強方法がわかって、点数がUPした!

☑部活を頑張りながら、成績もUP!
お問い合わせはこちら
親として、この夏どのような環境を
子供のために整えるかが重要です!
学校の授業がない夏休みの期間をどのように過ごすかがどの学年も重要になってきます。
それは、大阪市だけが緊急事態宣言下で、学校の授業が少なくなったからです。当然ですが、入試は、大阪府全域の中学3年生との戦いになります。また、中学1・2年生は1月に行われる予定のチャレンジテストによって、入試に直結する内申点が決まります。
学校の授業は授業数が短かったにもかかわらず、例年通り進んでいます。受験まで、チャレンジテストまでに終わらせないといけない範囲があるからです。ということは、1学期の内容がしっかり定着しているかどうか怪しいともいます中学校によっては、中間テストがなくなり、期末テストの範囲が多く、または演習が不十分のため、応用問題を出していないと聞いています。
中学校は去年から学習指導要領が変更になり、どの科目も難化傾向にあります。1学期の遅れを取り戻しながら、基礎学力を徹底し、2学期へ向けて学習意欲を高めていく必要があります。この夏の過ごし方ひとつで今年1年の学習習慣や学力が変わるといっても過言ではありません。
我々は、塾に来て売れたら成績を上げるのは当たり前だと思っています。大切なことは成績を上げる過程でいかに子どもたちと関わり合いながら、見守り、我慢し、やらされているのではなく、自分で自分の成長のために勉強をやっているのだということに気づいてもらうことです。
そうすることで、勉強を通じて自立した子どもへとかわり、成績もうなぎのぼりになっていきます。
このひと夏でともに成長していきましょう。
お問い合わせはこちら